「水辺の樹木誌」崎尾均[著] カバー装画(表裏)イラスト その2

Front and back book jacket Illustrations for "A Natural History of Trees in Riparian Forests" by Hitoshi SAKIO


Webギャラリーでのイラストの内容の解説に加えて、ブログの「もう一つのイラスト解説」では、実際のイラスト制作にあたっての出来事を綴っていきます。各イラストの内容の詳細につきましてはWebギャラリーをご参照ください。


もう一つのイラスト解説シリーズ No6
「水辺の樹木誌」崎尾均[著] カバー装画(表裏)イラスト(2017年)

新潟大学農学部教授 崎尾均先生は、本著書の出版及び関わる研究活動により

2019年 日本森林学会賞および・第12回 日本生態学会大島賞を受賞されました。

水辺の樹木誌 カバーイラスト 裏 画像
水辺の樹木誌 カバーイラスト 裏

 

[カバー装画] 

表 秩父大山沢畦畔林

裏 只見伊南川ユビソヤナギ林

 

裏表紙の伊南川のイラストは、第一案の段階から、リアルで気に入ったとコメントをいただきました。ヤナギのイラストを手がけるのは今回が初めてでしたが、今まで只見のイラストに携わっていた何かしらの経験が活かされたのかもしれず、大変嬉しいご感想をいただけました。

 

第一案は少し暗めだったため、こちらも具体的なご指摘もいただき、黄色や黄緑を入れてヤナギ林を明るく修正しました。

 

 

こういった専門的な知識が必要となってくるイラストに関しては、その生態系を崩さない程度かつ、写真とは異なるイラストであるがゆえにデフォルメが許されるラインというものの見極めが難しいといつも感じています。

 

ただ、専門的な知識を学ばれている方というのは、やはり何かデザイン的にも具体的なイメージというものを常にお持ちなのか、背景の配置や色などもご指摘いただけたので、最も掴みやすく、修正などもとてもやりやすかったように思います。 

 

 

実際の提出データは、表紙のカバーの断ち切りの(余白のない)デザインより少し大きめ、jpeg形式で裏・表紙共に同じサイズでした。

 

 

次回は、イラスト製作中の出来事や出版祝賀会の様子を少々。