· 

ミニ雪像 2015 メーテルの作り方 その1

 

ミニ雪像シリーズも5年目となりました。2015年の様子をお届けします。

 

ところで、前回2014年、ファントムの回の答えはこちら。

A. 2014年の只見ふるさとの雪まつりのメイン雪像が「パリ オペラ座(ガルニエ宮)」 だったから。

が正解でした。

 

実は、前回のブログの写真にはヒントがパッチリ写っていました。

ファントムの頭上、写真奥、遠くに光るのが、オペラ座です。

 

ファントムが想像以上に大きく見えるのは、遠近法。実際のオペラ座の雪像は、高さ18m、幅34mとのことで、2014年6月の「只見ユネスコエコパーク」登録前の認定を控えた時期とあって、ユネスコ本部のあるパリにちなんでのオペラ座に、雪まつり会場への入場門は「凱旋門」と、パリづくしでした。

 

  

では、引き続き、2015年の「メーテル」制作の様子をごらんください。

 

大体どの年も初めの光景は似た感じですが、今年の積雪は多めでしょうか。 

 

 

何かに似ている造形です。そして、こつこつと制作を進めるその身体に、雪は容赦なく降り続けます。

 

 

ところで、今回のメーテルにおいては、例年よりだいぶ手前の場所に、レリーフのように雪を盛って制作しています。

これは、後ろの雪の壁が氷の塊の様な状態になっていて、ツルハシで何度か殴りつけても歯が立たなかったためで、この年は気温が低過ぎて、雪がなかなかつかなくて制作に時間が掛かったそうです。

 

こういった想定外の環境にも、柔軟な対応が必要になるのが、ミニ雪像制作です。

 

 

ここまで来て気づきましたが、雪像はメーテルだけではありませんね。

 

そんなに大きな問題ではないので、タイトルはこのまま行きましょう。

 

 

お得意のナイフさばきです。年イチの行事ではありますが、もう5年目のベテランです。

 

 

教科書や小説でみかける、雪がしんしんと降り積もるというのは、きっとこんな光景。 

こんな日はご自分がミニ雪像にならないよう、お気をつけて作業してください。

 

 

降り続く雪に、手元を照らすマッチ。ではなく、懐中電灯。

照らされた先に見えるのは、少女の幻想ではなく、少女(?)たちがその手で作り上げてきた実体のある雪像です。

雪国は日が落ちるのが早いです。暗くなってからの作業には十分お気をつけください。

 

 

 

翌日は、雪も止み、メーテルたちもほぼ仕上がってきました。

あとは細かい修正を加えていきます。

 

 

完成後の光に照らされたメーテルは、マッチ売りの少女が見た幻のように、とても幻想的な姿だったので、その姿を次回「メーテルの作り方 その2」で、残りの細かな修正の様子とともにお届けします。

その2へつづく。

 

 

 

冒頭でご紹介した「只見ユネスコエコパーク」に関わるロゴやポスターのイラストの詳細は下記のリンクよりご覧いただけます。


 

ミニ雪像シリーズ 

このミニ雪像シリーズは、 2011年から「只見ふるさとの雪まつり」の開催中にミニ雪像を制作している2人に焦点を当てて、シリーズ化したものです。

 

2011 タイガーマスク その1

2011 その2

2012 エド・はるみ

2013 はんにゃ その1

2013 その2

2013 ミニチュア

2014 ファントム

2015 メーテル その1

2015 その2