· 

只見を巡る旅 2016 手打ちそば処 八十里庵 -芍薬のピンクの美しさー天ぷらにもアメにも車窓にも-

 

 

只見を巡る旅 ~布沢(ふざわ)癒しの森と河井継之助記念館、念願の八十里越県境~ 

 

2日目

もちの話

八十里越県境 予習

八十里越県境

河井継之助記念館〜外山修造 没後100年企画展〜

塩沢 山菜まつり

手打ちそば処 八十里庵◀︎◀︎

最後に

 

 

最初から最後までクライマックス、「只見を巡る旅 2016」も終盤に差し掛かってまいりました。

 

「塩沢・山の幸 山菜まつり」のあとは、「手打ちそば処 八十里庵」に移動しての昼食。

準備いただいている少しの間、裏庭を散策。お庭も最高です❤️

 

 

芍薬のピンクの美しさに目を奪われて・・・肝心の、手打ちそばの写真を撮るのを忘れていました。。

座布団(?)もかわいい。

 

 

店内の展示パネルも目と頭の保養。

只見の多雪がつくる冬が紹介されています。

 

 

そしてここにも芍薬のピンク。

お土産に、日本芍薬と日本ミツバチの飴を購入しました。

 

 

 

そしてここでも芍薬のピンク。

緑に映える芍薬の風景を車窓に、バスは進みます。

 

 

 

 

その後、「季の里 湯ら里」へ戻って解散、楽しい旅も終わりに近づき、東京へ向かいます。

 

 

会津田島駅で列車の待ち合わせ。

待ち時間はかなりあったのですが、のんびりと会話を弾ませていたら、意外とすぐに時間がきてしまいました。

 

このツアーでのちょっとした出会いと、東京までの車中の出来事が、更なる未来への布石となるのですが、それはまた次の機会にすることにして、次回、「只見を巡る旅 2016」シリーズ最終回、「最後に」でお会いしましょう。

 

 

 

只見を巡る旅 2016 ~布沢(ふざわ)癒しの森と河井継之助記念館、念願の八十里越県境~ 

2日目

もちの話

八十里越県境 予習

八十里越県境

河井継之助記念館〜外山修造 没後100年企画展〜

塩沢 山菜まつり

手打ちそば処 八十里庵

最後に◀︎◀︎

 

 


 

ご来店中のお客様で、お食事中に

ツキノワ熊 発見のとき 無料!

カモシカ 発見のとき 2割引!

 

「手打ちそば処 八十里庵 ホームページ」より抜粋。