· 

只見を巡る旅 2016 河井継之助記念館 〜外山修造 没後100年企画展〜

 

 

只見を巡る旅 ~布沢(ふざわ)癒しの森と河井継之助記念館、念願の八十里越県境~ 

 

2日目

もちの話

八十里越県境 予習

八十里越県境

河井継之助記念館〜外山修造 没後100年企画展〜◀︎◀︎

塩沢 山菜まつり

手打ちそば処 八十里庵

最後に

 

 

 

 県境の空気を堪能したところで、「只見を巡る旅 2016」は河井継之助記念館へと続きます。

 

 

途中、足元の植物が、只見線不通区間を物語っていて物悲しさを感じながらも・・・

2011年7月の「新潟・福島豪雨」被害後、タクシー代行してる区間です。

その後、2017年6月に鉄道運行継続による復旧が決定、2018年春から全線復旧へ向けて本格着工しています。

 

 

河井継之助記念館では、「外山修造 没後100年 企画展」も催されていました。

大阪の財界人「外山修造」は、現在の新潟県長岡市出身で、戊辰戦争の最中、生涯の師と仰いだ長岡藩家老「河井継之助」と共に只見町に滞在した際、死の床の継之助から「商人になりなさい」と言われその道を進んだのだそうです。 

 

 

八十里越などの詳しい説明を聞きながら、ツアーの充実さを満喫。

 

 

この壮大な眺め。おかげで予定より壮大なブログ記事となっています。

司馬遼太郎さんは、「峠」執筆中は時間がなく只見まで来ることはできず、連載終了数年後に来られたらしいです。

 

  

屋外にある「河井継之助君終焉之地」と刻まれた石碑。

松平恒雄 氏(会津藩主 松平容保のご子息の方)の書とのことです。 

石碑の建之者(?)リストには、長岡つながりか、山本五十六の名もあります。 

 

 

ところで、この辺はこの年2016年では2回目の訪問です。

 

 

1回目は冬でした。

この時期、河井継之助記念館は冬季休館でが、塩沢観光協会による、ミニ(というには大きすぎる壮大な)雪像を撮りに近くまできていたのです。

 

機会があれば、只見ふるさとの雪まつり期間に合わせて現れる「ミニ雪像」についても只見通信でお伝えしたいと思います。

 

次回、すぐ近くで開催されていた「塩沢 山菜まつり」に立ち寄ります。

 

 

只見を巡る旅 ~布沢(ふざわ)癒しの森と河井継之助記念館、念願の八十里越県境~ 

2日目

もちの話

八十里越県境 予習

八十里越県境

河井継之助記念館〜外山修造 没後100年企画展〜

塩沢 山菜まつり◀︎◀︎

手打ちそば処 八十里庵

最後に