· 

出張 芸術倶楽部 ただみ:10/6(土) & 10/7(日) 自然首都・只見 水の郷うまいもんまつり(前日)

 

芸術倶楽部ただみ×Studio Dream Onで参加した「水の郷うまいもんまつり」報告の前振りです。

 

昨年までのうまいもんまつりの様子につきましては、水の郷 うまいもんまつりイベントページををごらんください。

 

 

 

さて、昨年は総勢8名、車2台に分かれて前日の夜に東京や神奈川を立ち、はるばるやってきましたが、今年の私は一人で前乗り。それぞれの手段で来てくれるみなさんと現地で落ち合うことになりました。

 

初めての参加者も毎年いますが、それでも3年目になると、みなさん、交通手段や宿泊・食事処、それぞれの距離など、地元の事情もわかっていただけて、うまいもんまつり開催時間外のスケジュールに関しても、色々気づいてもらえたり手配を手伝って頂けたりと、こちらとしても大変助かりますね。本当にリピート参加、ありがとうございます。

 

上越新幹線@上野/魚沼市マンホールx2

 

水の郷 うまいもんまつりイベントページの下方に記載している「アクセス」をみていただいてもお分かりの通り、鉄道の場合、東武スカイツリーライン/伊勢崎線〜ツアーバスを利用しても来れるのですが、当日のスケジュール的にその時間には間に合わなかったので、最終となる新幹線を利用しました。福島県内ですが、上越新幹線と在来線を乗り継いでの入町です。

 

 芸術倶楽部ただみブースx2/只見線車両

 

もう冬もすぐそこ。只見駅到着後、翌日の会場となる駅前に設置された芸術倶楽部ただみのブース前でパシャり。フラッシュをたかないと何も見えないものですね。翌日はこちらでお世話になります。

乗ってきた只見線車両を見送って只見駅を後にしました。

 

最強万能七つ道具入れ中身/「奥会津只見マーク」入はがき(左)/うまいもんまつり展示準備x2

 

最強万能七つ道具入れに、説明書はあるけど、肝心のカットプロ(はさみ&カッター)がないと困っている様子。(イベント終了後に見つかりました)

そして新作ハガキ出来上がって来ていまして、今回「奥会津只見マーク」(左のはがき)が登場しています。手先が器用な方ではないので、展示準備は一苦労。年々試行錯誤で展示方法を変えています。

 

 

次回、うまいもんまつり当日の様子をレポートします。お楽しみに。