イラストレーター「Aki Kanke」による只見町のイラスト集

今回のイラスト


小林早乙女の歴史は古く、約400年前から豊作を祈願する村人たちによって大切に保存継承されてきました。この早乙女踊りの由来は、江戸時代の初め、慶長十年(1605年)、会津地方は、冷雨が続き、大凶作となり困り果てた農民が豊作と家内安全を祈って、若い娘二人に色鮮やかな晴れ着を着せて踊り子とし、別に男一名を道化役に仕立て、唄に合わせて、身振り手振り面白く、稲の種おろしから田植えまでの作付けを振付けた踊りでした。すると不思議なことにその年は、大豊作となり、喜んだ村人は以来欠かさず毎年続けてきました。

早乙女踊りは、かつては、十五歳から四十二歳まで会員の若連が継承していました。大正初期から青年団と改め、十五歳から三十歳までの団員となり継承しました。

昭和三十四年若い人たちが都市部へ出稼ぎに行く人が多くなり、保存が難しくなり、昭和三十五年、地区有志により、小林早乙女保存会を結成し、現在に至っています。なお、会員は小林区民全員となっています。

 

・・・以上、第45回只見ふるさとの雪まつり 伝統芸能発表ステージ会場アナウンスより・・・

「小林早乙女保存会 〜小林神楽〜」イラスト
小林早乙女保存会 〜小林神楽〜

只見の歴史・文化、伝統芸能・工芸品シリーズ

小林早乙女保存会

〜小林神楽〜

Kobayashi-Saotome Dance Preservation Society

〜Kobayashi-Kagura〜

 

江戸時代に由来する早乙女踊りは豊作祈願を祝うもので、会津地方の各地域で踊られていたようですね。只見町では、現在も只見の小川、小林、梁取地区でその伝統が伝えられ続けているそうです。

小林・梁取の早乙女踊りと神楽は、県の重要無形民俗文化財に指定されています。今回は小林地区。イラストは、小林神楽の最後に獅子に頭をかじってもらうところです。色々なシーンがあるので、ちょっとずつイラストも増やしていけたらと思います。

 

伝統芸能に限らず、同じ町内でも、このように限られた地区で受け継がれてきているものが多々あります。

私の場合、雪まつりのステージや、東京上野で行われている南会津フェアなどのイベントで見たことはありますが、集落内を巡る、地域に根ざした生きた伝統芸能としての早乙女踊りはまだ見たことがないので、是非見てみたいものです。

2018年3月1日〜15日には、三田駅構内にて、奥会津只見イラスト/写真展示「冬」を展示の予定です。

 

「芸術倶楽部 ただみ」では、2017年9月30日から10月1日に行われた自然首都・只見 水の郷うまいもんまつりにて、音楽ライブステージ出演及びイラスト/写真展示のブース出展を行いました。イベントの様子は9/30&10/1水の郷うまいもんまつり報告にてご覧いただけます。

 

また、只見では2月10日・11日に只見ふるさとの雪まつりが行われます。次回のイラストでは雪まつりでの催しの一つを取り上げる予定です。

お知らせ


3/1(木) 〜 3/15(木) 出張 芸術倶楽部 ただみ 奥会津只見イラスト/写真展示「冬」 - 都営線三田駅A8 「ギャラリーコーナー」@三田/田町
>> 続きを読む

芸術倶楽部 ただみ 活動報告:9/30(土) & 10/1(日) 自然首都・只見 水の郷うまいもんまつり 報告(おまけ)
>> 続きを読む

芸術倶楽部 ただみ 活動報告:9/30(土) & 10/1(日) 自然首都・只見 水の郷うまいもんまつり @ 只見駅前特設会場
>> 続きを読む

更新履歴


Webギャラリーに「チャとシロの日常」ページを追加しました。
>> 続きを読む

今回のイラストを「小林早乙女保存会 〜小林神楽〜」に更新しました。
>> 続きを読む

今回のイラストを「2011年9月の雨宿り」に更新しました。
>> 続きを読む


作者紹介


福島県只見町出身のイラストレーター
都心から足繁く只見に通い、自身の感じた只見の自然や生活を表現した只見のイラストを制作。
ブルース音楽・イラスト・写真コラボイベント等を通じて知り合った有志と共に「芸術倶楽部 ただみ」にて活動中。

>>続きを読む

販売店情報


Aki Kanke 制作「地域イラスト 只見」シリーズ はがき取り扱い店舗情報

>>続きを読む